手汗を抑える時の基本と方法

手汗を抑える時の基本と方法をお伝えします。ぜひご参考に。
MENU

手汗を抑える時の基本と方法について

手汗対策について調べてみましたので、見ていきたいとおもいます。
緊張状態が続くと、誰でも手汗をかきますね。
そんなときに限ってすぐ洗うことが出来ず、そのままにしておくことにより
匂いなども気になってしまいます。

 

そんな嫌な思いは誰でも一度は経験したことがあるでしょう。
しかし、それ以上に手の異常発汗で悩んでいる方もいらっしゃいます。
手掌多汗症という症状で、常に手のひらに汗が分泌される病気です。

 

そのような方はもちろん、そうでない方にも手汗を少しでも軽減することが出来るよう、
様々な原因と対策をご紹介しましょう。

 

■肥満気味の方
まず、手汗が気になる方で、肥満の方はいらっしゃいませんか?
肥満の方は脂肪が多いため、体内の熱を発しにくくなっています。
そのため汗をかいて体温調節をします。

 

太っている方が良く汗をかくのはそのような理由です。
そして、その理由により手のひらにも汗が出てくるのです。
体脂肪が気になる方はダイエットをして脂肪を減らすことにより、手汗を軽減することが出来ますよ。

 

 

また、多くの方が関係することが、日頃からのストレスの影響です。
私たちは会社や学校での人間関係をはじめとし、環境の変化や家庭内での環境など、
様々なところでストレスにさらされています。

 

そしてそれは気づかないところで影響してくるため、
自分がストレスを受けているといったことが分からない方も多いでしょう。

 

ストレスにさらされている、ストレスを受けているのでは?と少しでも思われる方は、
なるべくその環境を改善し、規則正しい生活を送ると良いでしょう。

 

 

野菜を中心にした食生活は、自律神経にも良い影響を与え、
多汗症にも有効だと言われています。

 

美味しいものを食べ、ゆったりとした時間を過ごすことも必要のようです。

手汗や脇汗を止めるための食事改善法について

手汗や脇汗を止めるための食事改善法をここでとりあげますが、食事で手汗が
完全に治るということは難しいかもしれません。
しかし大幅に改善できるという例もあるようですから、
思い当たる人は試してみましょう。

 

控えたほうが良い食べ物

発汗性のある食べ物には、香辛料が使われているスパイシーなものや、辛いものと熱いものがあります。
ですから、カレーやチゲ鍋、タイ料理などは避けたほうがよさそうです。
さらに刺激物を含むカフェイン類であるコーヒーやチョコレートも要注意です。

 

熱いスープや味噌汁は少し冷ましてから飲むと良いでしょう。
手汗がひどい人は、肉料理やチーズ、バターなど脂肪分の高い食事を好むようです。
これらの食べ物は体温を上げる作用があるので、発汗をうながして多汗症を引き起こす要因になるようです。

 

 

手汗を抑える食べ物

手汗を抑える食べ物には大豆などに多く含まれているイソフラボンでしょう。
手汗の原因は現時点では完全に解明されてはいませんが、
ホルモンバランスの乱れやストレスが原因と言われています。
したがって、これらの原因を改善することで、手汗の改善が期待できます。
ただし食事での手汗改善には時間がかかると思ってください。

 

つまり即効性は期待できませんから、手汗を改善する食事は継続することが大切です。
そうは言っても食事は毎日のことですから、大豆ばかりを食べていることはできません。
基本的には、食事のメニューに大豆系を一品加えることに心がけましょう。
納豆ばかりの食事で過ごせる人はいませんから、時には肉類も食べるでしょう。
ただしその際には食べ過ぎや熱いもの、刺激が強すぎるものなどを避けるようにする注意は必要です。

 

更新履歴
このページの先頭へ